新入生186名を迎え、平成30年度がスタート

4月5日、186名の新入生が期待に胸を膨らませ入学式を迎えました。沼野校長や来賓の方々からお祝いや激励の言葉を贈られ、これから始まる中学校生活に向け決意を新たにしました。翌日には、生徒会主催の対面式が開催され、学校生活の様子を劇で紹介したり、じゃんけん列車を楽しんだり、新入生の入学を全校で歓迎しました。

第2回 浅中DAY

11月30日、第2回浅中DAYを開催しました。今回の講師は、漫才師の中山まさとも氏。中山氏は「挑戦、すべての人に秘められた可能性」という演題で講演を行い、夫婦で漫才も披露してくれました。

文化発表会

11月17日、文化発表会を開催しました。インフルエンザ流行のため2週間遅れの開催となりましたが、合唱コンクールではどのクラスも練習の成果を発揮して素晴らしい合唱を披露しました。その他にも英語スピーチや理科研究の発表、平和作文の朗読など、代表生徒が日頃の学習の成果をステージ上で発表しました。

総合体験学習

総合的な学習の時間では、社会のために何ができるのかを考えて、将来の夢や目標に向かって前向きに努力する姿勢を育むことを目指しています。10月17日~19日にかけて各学年で体験学習が実施され、生徒たちはテーマに沿って市内外の様々な場所・施設を訪問しました。

          1年生「身近な社会を知ろう」

        2年生「社会を体験しよう」(職場体験)

        3年生「社会を創ろう」(上級学校訪問)

校内体育大会